haradafilms.com BBS

衆知を集めるブレインストーミング - ブリックリン URL

2017/10/30 (Mon) 21:28:02

 ブレードランナーの舞台でもある2019年に、原田眞人監督のガンヘッドは30周年を迎えます。ブレードランナーの方は既に続編が作られましたが、ガンヘッドの方はまだ復活していません。

「2019年公開のガンヘッド2」を、日本のリドリー・スコットたる原田眞人監督に作ってもらえないでしょうか? ツイッターにガンヘッドの続編・リメイク・リブートのアイデアを出し合うハッシュタグを作成しましたので、良いアイデアをお持ちのみなさんは、短いログラインでもいいので投稿してみて下さい。
 21世紀に入りAIがめざましい発展を遂げています。時代がサイバーパンクに追いついたと言っても過言ではない状況ですが、30年近く前に時代を先取りし、今もプラモデルが人気のガンヘッドが再映画化されないのは非常に惜しいので、ファンに集結して意見を述べてもらいたいです。

ブレードランナーがお嫌いとのこと、失礼致しました。 - ブリックリン URL

2017/11/03 (Fri) 04:22:33

世間では原田監督がお嫌いなブレードランナー・シリーズが「SFの最高峰!」みたいな言われ方をしていますから、私はなおさら原田監督が完璧なガンヘッドを撮って一石を投じて下さるべきだと思います。特に最近のリドリー・スコット作品は宗教っぽくなっていますし、知性派の原田監督が考える「本物のSF映画」を世に問うべきだと思います。

時代がようやくガンヘッドに追いついて来たようで、福島原発の事故現場で活躍しているローズマリーという自走式ロボットはガンヘッドのような四本脚+装軌式で、どんな場所にも入っていく能力を持っており、ガンヘッドのノーズ・センサーにそっくりなカメラまで付いてます! 21世紀に実在するロボットは、原田監督のSF映画が予言した通りに活躍しているのです。原田監督ならCGの時代でもリアルなSF映画が撮れると思います。
長々と失礼致しました。

評論家としても一流ですね! - ブリックリン URL

2017/11/05 (Sun) 22:45:26

原田監督の明快なブレードランナー評に驚きました。世間が何となくビミョーに感じていた「2049」を、見事に言葉で解明していただきました。SNSなんかでは絶対に聞けない、意識の高い話が聞けて、本当に良かったです。

「2019」の方は中身がうすくても名作認定とのことで、当方誤解しておりました。あれは人間ドラマとしては大味でしたか?


> マサヒロのブルックリンは今見ても、すがすがしいし、マーク・ハミルを「スター・ウォーズ」で復活させるよりは風格香華が出ると思う。

それはそうですよね!! まさにそう!!! 私が投稿したログラインでも「全自動ロボにメカニックが搭乗する」というアイデアで、マサヒロの再登板を狙った設定になっています(女性メカニックならブレンダでもイケる!?)。 これから本当にそういう自律式戦車の時代になるかも知れないので、今こそガンヘッド・シリーズ再開の時なんじゃないかなと思うのです。


> サイファイの世界にはいずれ戻りたいという気持ちは強いが・・・。

監督、お願いします! 今の日本のSF映像文化は腐っていて、押井守や庵野秀明が巨匠扱いなのです。ガルムウォーズやシンゴジラみたいな物しかない状況なのです。アニメみたいな物にカタルシスを感じますか? リアルなSF映画をもう何十年も観ていません。リドリー・スコットが宗教的になった理由は、トクヴィルの「アメリカのデモクラシー」の一節にヒントがあると思います。

<民主的詩人たち(現代の詩人)が神々や悪魔や天使に肉体の形を与え、これらを天降らせて地上で戦う様を描こうとしても、彼らは常に凡庸で精彩に欠けて見えるであろう。だが、もし彼らが描き出す大きな出来事を 神の宇宙に対する一般的な計画に結びつけ、至高の主の御手を示すことなく、その御心に直ちに立ち入ろうとするならば、彼らは読者の称賛と理解を得るであろう>

リベラルが駄目だったので、保守化する。 というのが今の流れですが、日本人の詩人が創ったなら、きっとリベラルなアニメや難解な2049とは違った、監督のおっしゃる「風格香華」な本物の、カッコいいSF映画が出来るんじゃないでしょうか?2019年にガンヘッド2を公開してください!!

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.